Corporate Philosophy

■Corporate philosophy

Since its establishment in 2003,

Linda has been producing top notch visual effects for over 100 projects a year for television commercials, feature films, virtual reality attractions, game cinematics, event trailers, etc., without being bound by a specific genre. We actively invest in new technologies for both hardware and software, thus enabling us to work on technically challenging projects. Currently, we specialize in realistic ANIMALS and EFFECTS.

会社理念

2003年の設立以来、 年間約100本に及ぶテレビコマーシャルの制作を始め、映画、 アトラクションVR、

ゲームムービー、プロジェクション映像などを制作してきました。特定のジャンルに縛られることなく、

トップクォリティーのCG映像を手掛けてきました。

常に最新のハードウェア、ソフトウェアに積極的に投資をしており、技術的に難しい仕事にチャレンジ

を続けています。
特に動物の【LiNDAZOO】チームやエフェクトの【Houdini Bros.】チームはリアリティーが必要とされ

る難易度の高い仕事で評価されています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■Our Specialty 弊社の特色

[LiNDA ZOO] 

This is a project we are working on to create 20 lifelike digital animals. 

We hope to further refine the quality in the future and include not only mammals but also dinosaurs, fish, insects and others. 

[リンダ・ズー]

動物20種からなるデジタル動物プロダクションを構築しております。

今後さらにクオリティに磨きをかけ、動物のみならず恐竜、魚類、昆虫なども仲間に加えたいと考えています。

[Houdini Bros.]  

 Houdini team led by Technical Director Pavel. 

This is a special team that uses Houdini to achieve efficient pipelines, R&D and challenging effects. 

With this, we are able to create variations of realistic water, smoke and explosions for commercials, 

large image displays, VR coasters, etc., that are unique. 

What sets us apart from other CG productions is that we do not only work on the projects we received, 

but also create our own original CG contents to share our imaginative works with the world.

[Pavel TDの率いるHoudiniチーム]

Houdiniを用いた効率的なパイプラインの構築から、難易度の高いエフェクトのR&D、制作を行うスペシャルチームです。

CMや大型映像、VRコースターなどの水や煙、爆発などのリアリティのある表現のバリエーションは他に類をみません。

また受注制作のみならず、オリジナルコンテンツの企画も進行中で、イマジネーション溢れる映像作品を世界に発信していくことで、

他のCGプロダクションとは一味違った独自のスタンスを築いていきたいと考えています。

 

 

[LiNDA Kamakura studio]

 Linda Kamakura is a studio located in a distance away from urban areas to seek more free ways of working.

Thanks to the network development, we can free ourselves from the need to operate within Tokyo.

Seeking a better environment for our creators, the studio is established in Kamakura City, Kanagawa Prefecture, 

where it is surrounded by nature and yet close to Tokyo.

By putting ourselves in the open air, a sightseeing spot near the sea and in the midst of a variety of races and people, it changes the way we work which often times tend to be staying cooped up indoors.

It is a good and stimulating environment for CG creators who want to devote themselves to digital fields, 

as new creativity gained from being in that environment will transfer to their work.

[LiNDA鎌倉スタジオ]

[LiNDA鎌倉]は都会から距離を置き、より自由な働き方を模索するスタジオです。
ネットワークの発達により、CG制作の業務は東京の都心で行うことの必要性が薄れてきました。
そこで人間にとってより良い環境を求め、自然が多く、かつ東京に程近い神奈川県鎌倉市にスタジオを開設しました。
海の近くの観光地という開放的な空気感、街をゆく多様な人種、多様な人々の中に身をおくことで、

内にこもりがちなCG制作の仕事を一変させます。
デジタルな分野に趣向が偏りがちなCGクリエーターにはとても良い刺激となり、

そこから得た新たな発想が仕事へ生かされることでしょう。

 

■会社概要 

社名    株式会社グリオグルーヴ リンダチーム

※株式会社グリオ・有限会社リンダ・株式会社アニマロイド・株式会社シネグリーオが合併しました。

株式会社グリオグルーヴ ホームページはこちら

​代表者 坂本 雅司 

所在地

本社 東京都千代田区五番町6-1 AKビル3F MAP

​​電話 03-6823-6206

鎌倉スタジオ 神奈川県鎌倉市御成町11番37号 MAP

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

林田宏之

Hiroyuki HAYASHIDA

林田 宏之 リンダ共同創業者/Art Director/CG Artist

LiNDAの社名は「林田」の音読み「リンダ」からきています。

ギャラリーはこちら

福岡県北九州市出身

1990年東京芸術大学美術学部デザイン科卒業後、CGプロダクションのリンクス(現・イマジカ)に入社。
その後、資生堂宣伝部、イエロー、スクウェア(現・スクウェアエニックス)を経て、 2001年よりフリーのCGアーティストに。2003年リンダ設立。
CGアーティスト、CGディレクターとしてCM、映画、ゲーム、ミュージックビデオ等、幅広いジャンルでCG制作、VFX制作に携わる一方、オリジナル作 品による個展を銀座や青山のギャラ リーで開催するなど、バラエティに富んだ活動をおこなっている。

また、CGWORLDといった雑誌記事、CG技術書の執筆、Autodesk社や専門学校 主催のセミナーなどでの講演等も行なっている。

1989年 第10回日本グラフィック展・入選 
1991年 第59回毎日広告デザイン賞・奨励賞 
1996年 SIGGRAPH'96 コンピュータアニメーションフェスティバル入選。 
同年、財団法人マルチメディアコンテンツ振興会主催マルチメディアグランプリ・アーティスト賞受賞。 
2003年Alias社(現Autodesk社)よりMaya Masterに認定される。 
2004年~2007年 慶応義塾大学環境情報学部 特別招聘准教授(CGアニメーション)。 
NHK「デジスタ・ティーンズ」では3DCGの講師をつとめた。 
2014年文化庁文化交流使として指名を受け、新たな文化の創造を期待される。
2015年8月3日 脳幹部出血のため、48歳の若さで永眠。

●主な作品 
<TVCM> 
資生堂TSUBAKI、資生堂UNO、キリン淡麗グリーンラベル、日本コカコーラ・アクエリアス、大塚製薬 ポカリスエット、

ソフトバンク・ホワイト家族、アサヒ飲料ワンダ、サントリーBOSS、サントリーなっちゃ ん、東京メトロ等多数。 
<映画> 
ヤッターマン(09年松竹)、どろろ(07年東宝)、SHINOBI(05年松竹)、HINOKIO(04 年松竹)、茶の味(03年レントラックジャパン)、ファイナルファンタジー(01年ソニーピクチャーズ)、スマグラー(11年ワーナー・ブラザーズ)等。 
<ゲーム> 
ファイナルファンタジー12、13(スクウェアエニックス)、ロストオデッセイ(マイクロソフト)、デッド・オア ・アライブ3(テクモ)、いただきストリートスペシャル(スクウェアエニックス)、ドラッグ・オン・ドラグ ーン(スクウェアエニックス)、バイオハザード0(カプコン)等。 
<ミュージックビデオ> 
EXILE・FIREWORKS、EXILE・パーフェクトイヤーライブ08・オープニング映像等

  • ICHIGAYA Googleプレイスアイコン
  • KAMAKURA Googleプレイスアイコン
  • LiNDA Vimeo Icon
  • LiNDA Facebook Icon
  • email
  • tel_small

Ichigaya

Kamakura

Demo Reel