【お知らせ】ロシアのSmirnov Schoolの教え方を活用したHoudini基礎コースのテストラン開催

March 12, 2018

今回ロシアのSmirnov Schoolの教え方を活用したHoudini基礎コースのテストランを開催する事となりました。それに伴いまして学生の方限定で参加者を2名募集致します。

詳細は下記となっております。興味のある方のお申込みお待ちしております。

 

【詳細】

◆日程:2018 年 5 月 21 日(月)~25 日(金)(5 日間)

 

◆時間帯:10:00~22:00 ※参加者と講師の体力次第延長可

 

◆場所:株式会社グリオグルーヴ内 大会議室

    〒102-0076 東京都千代田区五番町 6-1 AK ビル 3F

     JR総武線・中央線各駅「市ヶ谷」駅 徒歩2分
     都営新宿線・有楽町線・南北線「市ヶ谷」駅 4番出口 徒歩2分

     Google Mapはこちら

    

◆講師:スミルノフ パベル

 

◆当コーステストラン対象の方

 ・Maya 、3dsmax などの他の 3D ソフトを使える方

 ・Houdini の知識を深めたい方

 ・学生限定

 

◆参加費:無料

 

今回の当コースはテストランの為、学生限定・無料で2名募集致します。

コース中は写真撮影を行う為、ご同意頂ける方のみお申込みをお願い致します。

最終日には、後ほどWebに載せるコースの印象のアンケートを書いて頂きます。

予めご了承ください。

 

◆お申込み方法

 下記の内容を《school@studiolinda.com》までお送り下さい。

 ・お名前

 ・生年月日

 ・電話番号

 ・学校名

 ・使用できるソフト

 ・目指している職業

 ・作品(WEB ポートフォリオ又はデモリールのリンク)

 

◆締め切り: 3 月 30 日(金曜日)まで。

 

参加可否は作品次第、判断致します。

個人の都合で参加できなくなった場合や事前連絡が付かなかった場合、

順番で次の候補者の方に参加して頂きます。予めご了承ください。

 

 

 

【コースプログラム】


◆1 日目
- はじめに・Houdini の歴史と映像製作の中の役割
- インスト─ルと機動・デイリービルド・参考資料と調べ方
- プロシージャル的な考え方・ノード・コネクション・ネットワーク・パラメーター・

 アトリビュート
- インターフェイス・設定・パネル・ホットキー・環境 数・ビューポートの設定・
 コンポーネント
- 作業スペースの組み方・データとオブジェクトの構造・オブジェクトのアドレス・
 コンテクスト・コンテクストの種類・データ交換・ネスティング
- シーンレベル・オブジェクトの作り方・トランスフォーム・
 オブジェクトのヒエラルキー・親子関係
- ジオメトリーの扱い・Geometry コンテナ・SOP コンテクスト・ビューポートの表示・

 フラグ・データの流れ・アトリビュート・グローバル数とローカル数・ポリモデリング・

 UV
- エクスプレッション・書き方・頻繁に使う関数
- シーン内のデータ交換・ パスと相 パス・ 絶対 対 ディペンデンシーの表示
- コピー SOP・トランスフォームとアトリビュート・スタンプとスタンプを避ける方法
- コンポーネントのグループ・Group SOP
- ジオメトリー入出力・キャッシング・メモリ管理

 

◆2 日目
- VOP コンテクスト・VEX と VEX ビルダー・Wrangles・SOP の組み方
- 座標・ベクトル・加算・引き算・内積・外積
-ノードのインターフェイスの編集・スペアパラメター
- HDA・組み方・バージョン管理・アセットにするかしない理由
- プロシージャルモデリング
- パックプリミティブ・パックディスク・パックシーケンス・パックアレンビック
- レンダリングの基礎・シェーダーとマテリアル・ライトとカメラ
- 質感
- Mantra の設定・PBR・デフォーカスとモーションブラー・ノイズの設定
- AOV・テイク・バンドル
- ROP コンテクスト・ディペンデンシー・テイク
- Wedge


◆3日目
- シミュレーションとアニメーションの違い・注意点
- DOP コンテクスト・オブジェクト・ソルバー・データ・リレーションシップ・
スタート状態・シミュレーションの設定・2 段階計算・データ更新
- 個体シミュレーション・RBD ソルバー・オブジェクト・アクティブとスタティック・

 コリジョン
- パーティクル・POP オブジェクト・POP ソルバー・POP ソース・ストリーム・
 アトリビュート・フォース・POP VOP
- パーティクルのレンダリング
- 破壊シミュレーション・ジオメトリーの準備・Voronoi と Boolean フラクチャー・
 ジオメトリーの注意点・パックオブジェクト
- コンストレインとコンストレインネットワーク・グルーコンストレイン
- RBD とパーティクルの連携
- キャッシュの書き出し

 

◆4 日目
- ボリュームプリミティブ・Fog と SDF・Volume VOP と Volume Wrangle・
 スカラーとベクトルフィルド
- ノイズ・ボリュームサンプル
- VDB
- スモークとパイロシミュレーション・スモークソルバー・アドベクション・発散
- ボリュームコリジョン
- 燃焼モデル
- カスタムフィルド
- マイクロソルバー・Gas Field VOP
- スモークとパーティクルの連携
- ボリュームのレンダリング

 

◆5 日目
- 液体シミュレーション・FLIP ソルバー・コリジョン
- パーティクルアトリビュートによるコントロール・フィルドによるコントロール
- オーシャンツール・白波
- FLIP のレンダリング

 

※参加者の進捗と要望により順番と内容を調整する場合があります。

 

 

 

【SmirnovSchoolとは】

 

SmirnovSchoolは2014年にロシア、モスクワでスミルノフ・イワンが設立したCG・デジタルペインティングの学校です。オンラインコースとインテンシブコースは1500人以上卒業しています。
卒業生はロシア国内外のゲームや映像の企業で、アートディレクター、コンセプトアーティストなどとして活躍しています。

◆特徴
 ・少人数のグループ(オフラインコースは10人まで)
 ・個人的なアプローチ
 ・講師は現場で働いているデザイナーやアートディレクターのみ
 ・現場の作業に必要なことに集中

◆外部サイト (ロシア語)

 ・https://www.artstation.com/smirnovschool
 ・https://www.youtube.com/SmirnovSchool
 ・https://www.instagram.com/smirnovschool

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

どすこい!夢の大相撲~令和元年 AI場所~

August 13, 2019

1/1
Please reload

最新記事

August 2, 2019

Please reload

アーカイブ